手術

2009年10月30日(金)
頚椎後方除圧術という手術が行われた。

わかりやく言えば、中枢神経が通っている首の骨の内側を削って
神経が圧迫されているのを取り除くという手術である。
頚椎(けいつい)とは、首の骨ことで
頚髄(けいずい)とは、その頚椎の中を通る中枢神経のこと
私が事故で折った障害は、頚髄損傷である。

この手術を行ったから回復するというものではなく
これ以上悪化するのを防ぐのが目的である。
切れてしまった中枢神経は、元に戻らないのである。

私の場合、第3,第4,第5頚椎の間が狭く
第4頚椎のところで、神経が圧迫されて損傷した。
手術は、第3頚椎と第5頚椎は内側を削って隙間を広げ
第4頚椎は切り開いて、切り開いたところにセラミックスを入れ
これ以上狭くならないようにするというものであった。

手術するために、手術前からいろいろな検査が行われた。
首の骨を何mm削ったらいいかを決めるために
首を前に曲げた姿勢と後ろにそらした姿勢でMRIを撮ったり
心電図,肺活量,血液検査,その他
いろいろな検査を行って、手術の準備が進められた。
また、麻酔科の先生や手術室の看護婦さんも
前日までに挨拶に来られた。
何かすごい事が始まるんだなと思った。

2009年10月30日(金)
朝から手術着に着替えさせられ、点滴を付けられた。
午前9時、家族が見守る中、手術室へと運ばれた。
そこには、テレビのドラマで見たことのある光景が待っていた。
麻酔科の先生が、点滴のチューブに注射器を差し込んだ。
あっと言う間に目がふさがり、そこから先は記憶にない。
ひとつ,ふたつ,みっつ,はい落ちたとは言ってくれなかった。

気がついたのは、午後4時頃
手術室から病室に運ばれているときである。
どうやら無事に終わったようだ。
家族や待ってくれていた人にとっては長い手術だったが
私には一瞬の出来事であった。

病室に戻ってしばらくした後、洪水のように汗が出始めた。
看護婦さんが体を拭いてくれるのだが間に合わない。
病着もずぶ濡れになった。
病着も着せ替えられ、病着と体の間にバスタオルも巻かれた。

この着せ替えで体を動かされたときに、激しい目まいが起きた。
今まで経験したことのないもので、天井がぐるぐる回ったままである。
目も開けられなくて、目を閉じても回っている。
しばらく治まるのを待つしか無かった。
この日以後、体を横に向けられると目まいが起こるという症状は
少しずつましにはなっていったが、1ヶ月ほど続いた。
また、体温コントロールも1ヶ月ほど調子が悪かった。

手術後も呼吸器と点滴は、付けられたままであった。
首の後ろには、首の中の血を抜くチューブが付けられていた。
このチューブは、3~4日後に外された。

無事に手術が終わって良かった。
皆さん、ありがとうございました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2010年06月30日 23:47
かなり大掛かりなオペですね。
私が受けたのは腕二箇所にボルト固定でしたが、やはり全身麻酔で気付いたら終わってました。
え~私、今年の正月に胆嚢切除で全身麻酔手術してますので、はや二回目となります(爆)
ベットから車イスに移った時にやはりメマイがひどかったです。
他の患者さんに聞いても同じ返答でした。
小弘~GAZZYさん
2010年07月01日 10:16
GAZZYさん、こんにちは!
今日は病院に来ております。
携帯から投稿するのは、初めてですわーい(嬉しい顔)
今年2回も全身麻酔で手術とは、大変でしたね。
GAZZYさんもめまいがあったんですね。
あんな激しいめまいは初めてでしたよ。
お互い頑張りましょうexclamation手(チョキ)
2010年07月01日 22:02
私はナースではありませんが、怪我系の診断書と仲良しだったということで…
やっぱり大手術でしたね。
首は神経が集まっているところだけに、かなり大変だったと思います。

大先生、そういえば五十路突入では?
ある意味、人生について考え方がかわったのではないでしょうか。
今、きっと毎日が昨日よりよくなっていることを祈ります
私は何星人だったかな?
2010年07月04日 14:39
小弘さん、ブログも復活おめでとうございます。
これからも安全には注意しましょう。
小弘~はちぞうさん
2010年07月07日 21:51
はちぞうさん、こんばんは!
はい、4月で50歳になりました。
49歳で事故にあったので
早く49歳が過ぎ去って欲しかったですよ~
だって、4は死ぬ,9は苦しむでしょ!
小弘~何星人さん
2010年07月07日 21:53
無名星人だったのでは?
また、よろしく! 
2010年07月07日 23:19
苦しかったでしょうが、
死ななくてよかったですね…
50歳で生まれ変わったと思って、
これからも頑張ってください!
私も何年か後にその歳になりますが、
平穏無事にすごせますように…
かどやん
2010年08月07日 20:12
小弘さん
久しぶりにブログのぞいてみて
びっくりしてしました。
脅威の回復力で仕事も趣味も復帰
されたとの事、よかったですね。
来年の春はもっと元気になって、
たけのこさん行きましょう。
小弘~はちぞうさん
2010年08月09日 20:52
はちぞうさん、こんばんは!
返事が遅くなり、申し訳ございません。
> 50歳で生まれ変わったと思って
そうですね!
生活環境も変わり、考え方も少し変わりました。
生まれ変わったようですね。
小弘~かどやん
2010年08月09日 20:57
かどやん、お久しぶりです。
びっくりさせてしまいましたね。
まだ筍掘りに行ける状態ではないですが
来年の春に筍掘りに行けることを目標に
リハビリ頑張ります。 
かどやん
2010年08月10日 08:53
はい、ぜひぜひ行きましょう。
楽しみにしておりますので、リハビリ頑張ってくださいね。
・・・食いしん坊のかどやんより・・・(笑)

この記事へのトラックバック

  • リハビリ/その1

    Excerpt: 初めの頃のリハビリは、主に手足のストレッチだった。 こんなので動くようになるのだろうかと不安でいっぱいだったが 事故後、初めて足が動き出してから、不安が解消されていった。 Weblog: ようこそ!小弘の部屋へ racked: 2010-08-11 22:48