H.I.D.取り付け

PCXのヘッドライトをH.I.D.にしました

画像


取り付けたのは、SOLAM(ソーラム)HID mini 25W で
ミニバイク・原付スクーター用です。
色温度:5500Kのホワイトで、出力:25W

取付開始で、まず困ったことが・・・

バラストがでかい! こんなのどこに置くんだ~?
フロント周りをばらして、にらめっこするが・・・
いい場所がない???
フロントパネル内は、予備スペースとして空けておきたい

悩んだあげく出した結論

フロントカバーとフロントロアカバーの間に隙間がある。
ここにバラストを入れよう!

ということで、フロントロアカバーの取り外し。
これがまた面倒で時間がかかる。
バラストは、けっこう重たいのでビス固定にする。
バラストの取付位置を決め、穴開け作業。
バラストの裏面にクッション材を貼り付け、ボルトナット止め。
バラストの取付完了 ↓

画像

画像


バラストを取り付けたフロントロアカバーを元に戻し
次は、Hi/Lo切替プランジャーの設置場所。
フロントカバーのウインカー下の少し後ろに空間があるので
この空間のコンベックスベースとインシュロックにて固定。
取付場所は、ココです。↓

画像


次は配線
いつでも元のハロゲンバルブに戻せるようにギボシ端子接続。
Hi/Loの配線は、そのまま使用するがグランドラインは使用しない。
ヘッドライトのグランドは、エンジンコントロールユニットに接続されており
このグランドをコントロールすることにより
アイドリングストップ時のヘッドライト電圧を下げたりしている。

へたにこのラインにHIDバラストのグランドを接続すると
エンジンコントロールユニット(コンピュータ)を壊す可能性がある。
夢店で聞いた話だが、HIDを取り付けて、このコンピュータを壊して
HID取付をあきらめたケースがあるらしい。
よって、HIDのグランドは、バッテリー直に接続。

取付完了! 元のビームと比較 ↓

画像

上側が、ノーマルのハロゲンライトのビームで
左側がロービーム,右側がハイビーム
下側左が、HID ロービーム,右がハイビーム
取付前と取付後で、同じ位置で撮影してるので
照らしている高さや範囲も比較できます。

ノーマルでは、キーONにしてもエンジンがかかるまでは
ヘッドライトは消灯のままでしたが
HIDバラスト電源のグランドをバッテリー直に接続しているので
キーをONにしたたげで、HIDが点灯しています。
アイドリングストップでも点灯状態です。

できあがりです。↓ 昼間なのでよくわかりません。
今度、ランプ類をLED化したときに夜間撮影します。

画像


非常に手間がかかった作業でした。
どんくさいので、11時間もかかってしまいました。(笑)
もうこの作業は、やりたくない!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2012年02月04日 21:12
こんばんは。
どんどん進化していきますね。
次はバックステップ・・・は無理かな(笑)。
2012年02月06日 00:19
いちごさん、こんばんは!
コメント、ありがとうございます。
進化は、現在も進行中です。
> 次はバックステップ
(爆)検討してみましょう!

この記事へのトラックバック