月ヶ瀬梅林開花情報Ⅴ/2013年3月2日

月ヶ瀬梅林開花情報/2013年3月2~3日現在

  最新(2014年)は、こちら(クリック)

  全体的にまだ 「つぼみ」 です。

  ところどころで咲き始めが見られる程度です。

  その中でも一番咲いているのは

   「代官坂」 ですね!


  ① 桃香野 蛭子(えびす)神社

画像

   ほとんどがつぼみですが、一部咲いてます。

  ② 八幡橋

画像

画像

   つぼみが膨らみ、これから咲こうとしています。

  ③ 真福寺近くにある長田駐車場の入口

画像

画像

画像

   二~三部咲き程度ですかね~

  ④ 代官坂

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

   五部咲きくらいでしょうか?

  ⑤ 山中の梅香庵さん前の梅林

画像

   一番開いているものでも、まだこの程度です。
   ここの梅林は、私のお気に入りの場所なんですが
   満開になるのは、まだまだ先ですね!

   満開になると、↓こんな感じです。
   ( 2009年3月15日撮影 )

画像

  

  開花情報のこのくらいで・・・
  本日のメインイベント!


  まずは、いつもの 「おばあちゃんの店」 で炭焼き草餅!
  何故か4週間連続で食べてます。 (*^▽^*)

画像

画像

   今日は息子さんが手伝っていました。
   1回目と2回目は、お母さん
   3回目は、おばあちゃんだったので
   3代に渡って焼いてもらってます!
   途中で息子さんの奥さんと赤ちゃんが来たので
   4代に渡って、お目にかかりました~
   今日も美味しかったです!


  その次は、梅香庵(ばいこうあん)さんの梅入りロールケーキ
   「月ヶ瀬ロール」
画像

画像

画像

   こちらも2週間連続でいただきました!
   生クリームの中に青梅が入っていて
   めっちゃ美味しいですよ~

  店のお母さんによると
  このお店の名物は、 「月瀬福」 だそうです。

  こちらも3月3日にコーヒーとセットでいただきました!

画像

画像

画像

画像

画像

画像

   梅の実がまるごと入った大福です!
   青梅がまるごと1個入ってます。
   すごくフルーティで、甘みもあってめっちゃ美味しいです。
   種もそのまま入っているので、種は出して下さいね!
   梅干しみたいに酸っぱくありません。
   梅干しが嫌いな私でも、全然OKです!

   毎週、食べ歩きですな~ (*^▽^*)


 大和の国 月ヶ瀬 「梅香庵」 さん ↓
画像

画像

  ログハウスの建物で、中で休憩できます。

画像

画像

 梅香庵さんの庭角の梅の前で(2009年3月15日)
画像

 梅香庵さんの前の梅林(2009年3月15日)
画像

画像


 梅香庵さんの場所
  (画像の上でクリックしたら拡大すると思います)

画像

   ロマントピア月ヶ瀬の前から
   坂を登って行って、登り切ったらT字路に出ます。
    (右側に茶畑があります)
   そのT字路を右に曲がって少し歩くとあります。
   見晴荘まで行ってしまったら行き過ぎですよ~


 月ヶ瀬ウォーキングマップ
  (画像の上でクリックしたら拡大すると思います)

画像

画像



この記事へのコメント

モリコ
2013年03月03日 22:42
「全体的につぼみ」って事は、月ヶ瀬はまだ寒い?! 梅の花の写真は、咲いてる場所を選んで撮っているのですね(^^)  食べ歩き「大満足」の笑顔です!
2013年03月03日 23:27
モリコさん、コメントありがとう!
月ヶ瀬は昨日の土曜日も雪が
パラパラと降ってました。
咲いている梅を探すのが大変なので
花よりダンゴです!(爆)
pesera
2013年03月07日 00:03
また おじゃまします
本日「開花情報」拝見しました
22日に足を伸ばして出かける事にしました
美味しい物もあるんですね
楽しみです 天気が良いといいのですが
情報 ありがとうございます
2013年03月07日 12:43
peseraさん、コメントありがとうございます。
何度でもいらして下さい。
9日の土曜日にバイク仲間12人と
月ヶ瀬ツーリングに行く予定です。
9日の情報もまたアップしますね!
2013年03月07日 18:58
はじめまして。
月ヶ瀬梅林開花情報で検索して、初めてお邪魔致しました。
柴犬と出かけるのが大好きなごんママと申します。

9日に柴犬2匹を連れて、お弁当を持って行ってみようかと思っていますが、休憩できるベンチなどはありますでしょうか?
詳しいマップを載せてくださっているので、駐車場やトイレの位置がわかりやすくて有難いです。
お天気も良さそうですので、楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いします。
2013年03月07日 20:02
ごんママさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。
今まであまりベンチを意識してなかったので
ベンチが置いてある場所の記憶があまりありません。
各茶店には座るところが用意されていますが
あとは月ヶ瀬湖畔沿いの無料休憩所にあったかどうか・・・

ベンチがあったような気がするのは
・桃香野の蛭子神社横の「東郷園」
・代官坂を登っていって頂上近くの展望台

わんちゃんと一緒となると
八幡橋を渡って右折し、少し登ったところで下に降りていく道があります。その降りていったところに無料の駐車場があるので、そこに車を置いて遊歩道を散歩することもできます。この辺りは空いてると思います。

9日は私たちもバイク仲間と月ヶ瀬ツーリングです。
PCXという125ccのバイク13台が現地合流します。
モリコ
2013年03月07日 20:36
さすが小弘さん、月ヶ瀬梅林を熟知していますね!
私も何度か行きましたが、寒かったのでベンチを気にしていませんでした。 確か、お弁当を広げられる東屋が数カ所ありました。場所の説明は...^^; そして梅林の中はレジャーシートを敷いて座れますよね!  月ヶ瀬梅林は、たっぷり歩ける良い散歩コース(所々ハード)です。私もまた行きたくなりました(^^♪
2013年03月07日 23:44
モリコさん、補足ありがとね!
是非また行って下さい!
6週間連続行こうと
している奴より(爆)
ごんママ
2013年03月07日 23:56
小弘さん、ありがとうございます。
おかげさまで、お弁当持参の決心がつきました。
八幡橋って、つり橋なんですよね♪
滝があったり、展望台があったり、30年ほど前に一度だけ行ったのですが、その時はそんないいスポットがあるなんて、全然知りませんでした。

大阪方面から名阪国道で行くつもりなんですが、ナビをどこに合わせたらいいか、主人と会議しようと思います(笑)。

自動二輪のツーリングをされていらっしゃるのですね。
曽爾高原へ行った時に、出会ったツーリングの方々に、うちのわんこを可愛がってもらったことがあります。

大人のツーリングって本当に素敵でいいですね♪
13台って、圧巻だろうな~。
柴犬2匹を連れた中年、いや熟年夫婦がおりましたら、是非声をかけてやってください。

モリコさんも、貴重な情報ありがとうございます。
東屋があると大変助かります。
小弘さんのマップにも、東屋のイラストを見つけました。レジャーシートもいつも持っていますので、梅林の中でのお弁当もいいですよね(^.^) 

本当に楽しみです。
小弘さん、モリコさん、ありがとうございます。


2013年03月08日 00:15
名阪国道から行くと小倉インターを降りて
広域農面道路を通って月ヶ瀬梅林方面へ
行くと月ヶ瀬湖畔に出ます。
このルートで行くと八幡橋近くに出ます。
9日はまだ全体的に咲き始めです。
今咲いている梅を見るなら代官坂の上の方です。
月ヶ瀬橋を渡って少し行ったところに
登り口があります。
ごんママ
2013年03月08日 14:19
ありがとうございます。
小弘さんの写真を拝見して、天神神社のあたりが一番見頃なのかな・・・と思っていました。
でも、せっかくの遠出なので、桃香野の方や、蔵王の滝なんかも見られたらいいな・・・なんて(^.^)
柴犬2匹のうち、1匹は15歳のおじいちゃんなので、ちょっと歩く距離は考えてやらないといけませんよね。
まだまだスタスタ歩くのですが、無理させないように気をつけたいと思います。
黄砂が一番気になります(-_-;)
ごんママ
2013年03月08日 14:21
天神神社→天神梅林 の間違いでした(^^ゞ
2013年03月08日 15:09
私の写真が紛らわしかったですね・・・ (^_^;)
天神梅林から梅香庵にかけての山中の梅林は、まだ咲いておりません。
この辺りの梅林の見頃は3月後半になります。
去年の満開は遅く、4月に入ってからでした。
今咲いている代官坂は、天神梅林より月ヶ瀬橋の方に下りていく急な坂道です。
咲き始めの梅林は湖畔沿いで、山中はまだまだ先だと思います。
ごんママ
2013年03月08日 21:40
すみません、私こそはやとちりで・・・(^^ゞ
月ヶ瀬は大阪とは違って、かなり遅いのですね。
その代わり、明日は空いてるかもしれませんね(^.^)
湖畔沿いをのんびり散策することにします。
小弘さんイチオシの『梅香庵』さんにも行ってみたいと思います♪
本当に貴重な情報、ありがとうございます。
大和の国月ヶ瀬梅香庵 店主です
2017年03月09日 22:24
ご無沙汰してます。数年、お顔拝見していないので心配しています。今年は、是非お越しください。森岡

この記事へのトラックバック